カードローンでキャッシングするには

カードローンをご存知ですか。これまでのローンには保証人や担保が必要なことがほとんどでした。
それがカードローンならカードさえあれば無担保で融資を受けられるのです。

カードを作るだけならタダなので、いざという時に備えて持っている人も多いようです。
そこで、いざという時簡単にキャッシングが利用できるカードローンの作り方をご紹介します。

まずはどこの企業のどの商品にするのかを決めます。
その後、大手の企業であればネット上の仮審査を受け、それに通れば本審査に申し込みます。

ここでは氏名年齢住居形態仕事勤続年数他社からの借入など様々なことを聞かれます。
これらの内容から総合的に返済能力の有無を判断されるのです。

そこで返済能力があるとみなされればカードが発行され、キャッシングができるようになるのです。

ただ、新規の利用の場合、限度額は低くしかも年利は高い設定になります。
というのはまだ借りては返すという実績がないため、本当に返済能力があるかわからないためなのです。

限度額が高く、そして年利を低くしたいなら、この借りては返すという実績が必要になるのです。

審査の結果、残念ながら通らない場合、その理由を教えてもらうことは通常できません。

審査基準というのは保証会社によって異なるので一概に言えませんが、考えられるのが勤続年数の短さです。

いくら月給がよくても今の会社の勤続年数が1年以上ないと審査に通らないことが多いようです。