カードローンとクレジットカードの違いを知ること

カードローンとクレジットカードの違いを、一度冷静に整理する必要があります。
確かに似ていますが両者は似て非なるもので、決して同じものではありません。両者を混同して使うのは、賢明な使い方とは言えません。

例えば、カードローンはお金を借りることが可能ですが、クレジット決済機能を備えていないので、いわゆるショッピング利用はできません。

つまり、商品の代金を決済することができる機能があるかどうかが、カードローンとクレジットカードの最も大きな違いかも知れません。

クレジットカードにはキャッシング機能があり、限度額の範囲内なら何回でも現金を調達することができます。この点はカードローンに近いサービスです。

ただ、クレジットの場合、いくらゴールドカードでもプラチナカードでも、キャッシング枠はショッピング枠ほど大きくありません。
長年使ってもそんなに増額される可能性もないようです。

一般的なゴールドカードの場合、良くても100万円ぐらいまで、プラチナカードでも300万が限界です。

それにクレジットカードのキャッシングは、肝心な金利がカードローンより高くなる傾向にあります。

もし同じ会社でローンを利用する場合、専用のカードローンを利用したほうが損をせずに済みます。

要するに、クレジットカードは旅行先や普段の買い物で使うもの、ある程度まとまった現金を調達する必要があるときは、カードローンを頼るのが正しい活用方法と言えるでしょう。

有名クレジットカード…JCBカード

有名カードローン…プロミス