カードローンの金利の計算をしよう

ローンを借りている間は、利息も支払わなければいけませんが、その計算方法はご存じですか。
 
利息=利用残高×実質年率÷年間日数×利用日数 です。
 
これに当てはめれば、利息を計算できます。
具体例として、実質年率18%で30万借りた場合の1ヶ月(30日)の利息を計算してみましょう。
 
利用残高は30万、実質年率は18%、年間日数は365日、利用日数は30日です。
なので、
30×0.18÷365×30となります。
 
それを計算すると、4438円です。
なので、借り入れ1ヶ月ごとに、1万円の返済をしていくとすると、4438円は利息になり、残金の5562円が元金の返済となります。
単純に30万のうち1万円返済して残りの返済額が29万になるというわけではありません。
 
そうするには、1万円プラス利息分を支払わなければいけません。
 
毎月返済しているのに、思っていた以上に返済に時間がかかっている場合は、そのようなことがあるので、利息計算はしっかりして返済していきましょう。
 
また、カードローン会社でよくみかけるリボルビング方式についてですが、これは毎月の利用金額に関係なく一定の金額を毎月支払う方式のことで、定額方式・定率方式・残高スライドの3種類があります。
 
例として、残高スライドリボルビング方式ならば、借入金額の残高に応じて金利が変動します。
元利定額リボルビング方式なら、元利と利息を合わせた金額を利用金利とは関係なく定額で支払う方式で、指定額から利息を引いた額が元金返済にあてられます。
このような、方式にもしっかり目を通しておきましょう。